昔のカード再考察「隠密魔竜 カスミローグ」

f8e6a82902c4c4d2f76d2ef3d3d3979d_s
昔は強かったけど、今はどうなの?とか
昔はそうでもなかったけど、最近になって使う価値が出てきたカードとか
そういうの適当に書いていく記事。
(自分が使用してないクランはイマイチわからないので、自分の使用しているクランが中心になると思う)


このユニットはFC2014で収録されたむらくものユニット。
まず詳細。

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
むらくも – アビスドラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(1)] あなたのユニットが手札から(G)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札からそのユニットと同名のカードを1枚まで探し、(G)に【レスト】でコールし、その山札をシャッフルする。
【起】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1)] あなたのグレード2以上のリアガードを1枚選び、あなたの山札からそのユニットと同名のカードを1枚まで探し、(R)にコールし、その山札をシャッフルし、そのターンの終了時、この効果でコールされたユニットを山札の下に置く。

超越との相性が非常に良い

2つのスキルを持ってるわけだけど、両方とも非常に超越との相性が良い。
LB4はガードユニットを分身させるスキル。10000のトリガーを分身させてもいいし、インターセプトしたユニットを分身させることもできる。少し変わったところだと、ダイカイザーのBRに対して完全ガード2枚出したり。
流石にデッキ指定ある分、Gガーディアン分身はできないけど、Gガーディアンと合わせれば高い防御力を得られるのではないかなと。

むらくもはロイパラやネオネクやグランブルーやペイルムーン等と同じ展開系のクランに位置する。
しかし、「展開したユニットはエンドフェイズ時に デッキに戻る(一部は手札に戻る)」「コールした時に分身するユニットが多い」ことから、他の展開クランよりも手札消費が激しい(その分、展開コストが低かったり、一度に多くを展開できたりする)。
それを解消する方法としてむらくもは2パターン存在し、

  • とにかく安いコストで早く展開し、相手より多く殴る(いわゆる速攻)
  • ガードに消費する手札を減らす

になる。
1つ目の例としてはマガツやオボロカート、超越ならカガミジシあたり。
2つ目の例としてはシラユキなど。

じゃあこのカスミローグはどちらかというと、両方だったりする。正確には、上の効果が2つ目にあたり、下の効果が1つ目にあたる。

今の超越環境では先攻を取った時のG3のライドというのはどうするべきか常に考えていく必要があり、そうした場面のケアをできるスキルというのは需要が上がっている(理想は登場時スキル)。
カスミローグの下のスキルはまさにそれにあたり、しかもヒャッキヴォーグと比べてもコストが軽い。

LB4の方も、相手ターンに発動するスキルであるため超越との噛み合いが良い。

最近なんでこのユニットに注目しているかというと、ヒャッキヴォーグなゆたんが弱いから。いや、弱いというか、引きに結構左右される。
ヒャッキの強みってV登場時CB2でデッキからヒャッキもっと来ることと、その呼んだヒャッキは手札に戻るから次の超越のコストにしやすいって部分だと思うんだけど、
CB2っていうのがなんだかんだ消費大きいことと、なゆたんのスキルがヒャッキをコストに使う必要があるから結構使いにくさが目立つ。
あと、ヒャッキボーグなゆたん使った次のターンに使える、相性のいい超越がいないっていうのもある。
一般的には最強Vのヤスイエは4入れるとして、サブはニュードークラウドかシラユキだと思ってるんだけど、その2体どちらに乗ってももう勝てる環境じゃないよねって話。

とはいえ、まだ試してすらいないので、ますそこからかな・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。名前及びコメントは必須項目、メールアドレス及びサイトURLは任意です。