今日のカード「六角怪人 ハニカムクイーン」について

f8e6a82902c4c4d2f76d2ef3d3d3979d_s

たまには今日のカードのコーナー。いえーい。もう今日ってか昨日だけど!
最近はメガコロニーとグレネイの情報多くて嬉しい。

ノーマルユニット 〈1〉
メガコロニー – インセクト 6000 / シールド0 / ☆1
【永】守護者
【自】:[手札から1枚選び、捨てる] このユニットが手札からGに登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのアタックされているヴァンガードを1枚選び、そのバトル中、そのユニットは、ヒットされない。
【自】:【R】GB1 暗躍(同じ縦列に相手のスタンドしているユニットがいないなら有効):[SB1]あなたのユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、このユニットを手札に戻す。

キーワード能力持ちの完全ガード。

今更ながら暗躍について

暗躍(同じ縦列に相手のスタンドしているユニットがいないなら有効)

相手依存な能力ではあるものの、基本的にほぼ発動できるであろうキーワード能力。
「レストしているユニットがいるなら」ではなく、「スタンドしているユニットがいないなら」なので、同じ縦列にユニットがいないって場面でも発動できる。
とりあえず使いにくいキーワード能力ではないところで一安心。

欠点は2つ。まず、ダメトリスタンドトリガーに弱いこと。
最近はスタンドトリガーが増えてきている分、無視できない問題ではある。
2つ目に、メサイア及びリバースユニットに弱いこと。
解呪されたユニットはスタンド状態になる。リバースはさておき、メサイアのトランスエルスメサイアなどをされるとかなり厳しい状況に追い込まれる。
一応、現状ではカオスの方が多いとはいえ、これも無視できない問題ではある。

ハニカムクイーンについて

で、話は戻ってハニカムクイーンについて。
これは見る限り、典型的な速攻用ユニットだと思う。置くのはV裏もしくはテイルジョーみたいな10000以上の後ろ。

ダークフェイス軸

ダークフェイスの超越ボーナスが速攻寄りであるため、その点ではそこまで相性は悪くないと思う。
ただ、ダークフェイスのGB2のコストがSB2であり、その点は相性が悪い。
メガコロニーのFVはマシニングでない限り、現状だとクライムバグになるんだけど、スキル発動できるタイミングが限られててソウル入りにくいところがある。
かといってこいつのためにモスキート入れるのは構築として弱い。
例えば、暗躍をサーチするカードだったり、ソウルに入りやすくて強いFVやモスキート以外のまともなソウルチャージ要員がくれば評価は少し上がりそうな気はする。

マシニング軸

マシニングは速攻とは少し違うし、カウンター回復を優先したかったりするから入ることはほぼないと思う。
そもそもデストロイヤーするなら場にマシニング以外置かないしね。
マシニングの暗躍とか出るのか・・・?そしたら再度考察するかなあ。
というか、RRとかPRでいいからマシニング名称の普通の完全ガードくれ。

ギラファ軸

サンギラファとかいう優秀なG3を得て現実味でてきた軸。
ゴライアスとか使うからなんだかんだ一番速攻ではある。多分一番相性はいい。
G2ギラファブーストとかしたら察し。
あとはギラファの他のサポートが出るのかどうかとか、そこらへんでも変わりそう。

こんな感じかなあ。

・・・ってかマシニングの情報まだー?スターク再録するからそれに合わせて何かくると思うんだけど!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。名前及びコメントは必須項目、メールアドレス及びサイトURLは任意です。