デザイン恐怖症の人へ。

どうも、レーウィンです。
デザインすることが怖い・・・と思っている方へのヒントになればいいな、という記事。

デザイン恐怖症って?

「デザインすることが怖い・・・」
「自分はデザイナーに向いてない・・・」
「自分が今までしてきたデザインはデザインといえないかもしれない・・・」

といった感情で、デザインするのが嫌になる精神状態のことを自分や一部の人は「デザイン恐怖症」と呼んでいます。
これが発生する条件は人によって様々ですが、例でいうと・・・

・自分の身の回りのデザイナーのレベルが高すぎて自分の実力が劣って見えてしまう。
・自分のおこしたデザインが一度も評価されたことがない。
・自分のおこしたデザインで、自分自身が納得したことが一度もない。
・デザインという仕事からかなりの時期、離れていた。
・テンプレートにはめるだけのオペレーターしか実務経験がない。
などなど。

この症状が起きるとデザインの仕事のみならず、様々な症状が発症します。

・デザインの修正がくると、「修正がこんなにくるなんて自分は(以下略」モードになる。
・ネットや外出時のまわりのものを見ては、「こんなにデザインできてる人が世の中にいるのに、自分はなぜできないのか」と落ち込む。
・デザインの制作作業をしていて、「こんなんじゃダメだ」「もっと良いデザインを作らなければ」と、スランプに近い状態になる。
・「自分はデザイナーは向いてなかった・・・」と、デザイン業界どころか制作関係の業界から離れていく。
など。

さらに、このデザイン恐怖症の恐ろしいことは、周囲に理解してくれる人が基本いないということ。
デザイナーではない人からは「ものづくりしたことないから理解できない」
普通にデザイナーやれてる人からは「努力が足りない」

その結果、制作をやめてしまったり、鬱になったり、体調を崩すなど、日常生活にも支障がきたしてしまったり。
最悪の場合、最悪の結果になりかねないのがデザイン恐怖症です。
とくに、ブラック企業と合わさると最悪です。デザインするのが辛い、でも帰れない、辛い・・・のループ。

何故、こんなことを、こんな詳しく書けるかというと、自分がそうだったからですよ。
「このブログについて」でも少し書いてあるけど、新卒で入ったところがハイパーブラック企業だった。
朝、出社してるときに会社の最寄駅に人がほとんどいない。夜はまっくら。
しかもデザインは評価されない、社内にデザインできる人が2人しかいない上、もう1人の方はほぼオペレーターで、社外のものを参考にしようとするけど、レベルがいちいち高い。当然、デザイン恐怖症になる。
さっさと辞めればよかったのに、新卒で入った会社だったし、内定決まった時の身内の喜びを裏切れなくてなかなか辞められず。
普通に胃を痛めて体がついていかなくて辞めました。そのときの後遺症的なもので逆流性食堂炎が今でも続いてます。

少し話がそれたけど、これがデザイン恐怖症の実態です。

デザイン恐怖症の回復方法(身体関係)

まず、デザイン恐怖症が発症している原因が勤務先にある場合はさっさと辞めましょう。
身体に支障をきたし始めてるなら、明日にでも辞めましょう。
身体に支障をきたしてない人、転職準備を始めましょう。
一度、デザイン恐怖症が発症した勤務先でその症状が治ることは基本、ありません。
その転職や退職を機会に、自分のデザイナーとしての働き方を見直してみましょう。
自分は見直した結果、グラフィックからWebに転職しました。

もし、あなたがまだ学生であるなら一番信頼している講師に相談しましょう。
学生の場合は、はっきりいって社会に出るまでそこまで差はつきません(一部の極端な人以外)。
というか、社会人になってからデザイナーになる人も腐るほどいるので、学生で勉強している時点で出遅れているなんてことはありません。
な講師の人に聞いて、自分の方向性を考え直しましょう。
例えば、デザイナーと一概にいっても働き方は様々です。デザイン作業だけをするデザイナーもいれば、マーケティングをやるデザイナー、営業をやるデザイナーもいます。あなたの性格や趣味趣向と合わせて、自分の将来の働き方を考えるきっかけにしてみてください。

デザイン恐怖症の回復方法(精神方面)

デザイン恐怖症が発症している状態は、自分のデザインを自己評価している状態です。
ですが、本来デザインとは第三者及びクライアントが評価するものです。

自分はすっっごいださいデザインと思っていても、他者からの評価がよければそれは良いデザインなのです。
技術的にめちゃくちゃすごいデザインをして満足しても、それが世間に評価されなければダメなデザインなのです。
ですが、自分だけではどんだけ頑張っても自分目線にしかデザインを見ることはできません。
その結果、修正がきたり、最悪1からスタートになったりするわけですが。

これに関しては一流のデザイナーでも普通におこる出来事です。何故かというと、プロのデザイナーでも完璧な第三者目線には立てないからです。
なので、訂正がきたり修正がきたりするのは至って普通のことであると受け止めましょう。
むしろ、「修正」レベルなら方向性自体は間違っていないということなのでポジティブに受け止めましょう。
1からスタートになった場合は、クライアントやディレクターの中にもともとある程度のゴールがあったということになるので、運が悪かったということにしましょう。

また、世の中には良いデザインがあふれているように見えますが、逆に、悪いデザインもあふれています。
悪いデザインは評価されないから人目につかないだけで、実はそこら中にあります。
そして、自分より優れたデザイナーは腐るほどいますが、優れていないデザイナーも腐るほどいます。
ぶっちゃけると日本はデザイナーの敷居がかなり低いので、自称デザイナーを含めると底辺は腐るほどいます。
「自分はデザインができないけど、すんごいできないってレベルではない」と思うようにしましょう。

デザイン恐怖症の回復方法(技術方面)

スキルが足りないと感じている人へ。
他社のものをぱく・・・参考にしましょう。
世の中のデザインの大半は別のものをぱく・・・参考にしています。
なので、がんがんやりましょう。
もちろん、露骨なものはだめですが。
正直、特別なデザインを目指す必要はありません。
ありきたり、王道に見えるようなデザインを目指してください。
アーティストになる必要はないのです。デザイナーですから。

最後に

あなたがデザイナーを続けなければならない理由は、実際のところ無いと思います。
逆に、デザイナーになってはいけない理由もありません。デザインにセンスは必要ないですので。
なので、もっと「デザイン」そのものを気楽に考えて、作業してみてはいかがでしょうか。
また、デザインそのものはしなくてもデザインと関わる仕事はたくさんあります。
そうした部分にも、視野を広げてみてもいいと思います。

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。名前及びコメントは必須項目、メールアドレス及びサイトURLは任意です。