【陰陽師】彼岸花一目連パーティについて

どうも、傀儡に桜の花びら1680枚投げつけたれいうぃんですよ。
自分はもっぱら彼岸花一目連を使って闘技をしてるんだけど、その組み合わせについてあれこれ。

彼岸花一目連ってどんなパーティ?

一目連でバリアを貼りながら彼岸花で削っていく耐久型パーティ。
鎌鼬などを使用したゲージパーティは「自分の式神をゲージを上げて何回も行動することで勝つ」パーティなのに対し、彼岸花を主体としたパーティは「相手が行動する度にダメージを与えて勝つ」パーティ。
彼岸花は相手の行動前にダメージを与えることができ、それは毒などのダメージではなく彼岸花の攻撃という判定になるので、御魂のセット効果が乗るのが特徴。

彼岸花一目連の強い点

長期戦に非常に有利

彼岸花のパッシブによるダメージは「攻撃判定」なので、ターンを経過するごとに相手味方双方につく攻撃バフ分が加算される。
また、回復系式神はターンが経過するごとに回復量がダウンしていくが、一目連のバリアはそうした影響を受けないので長期戦になっても十分な活躍が可能。

一目連の攻撃バフ

一目連のスキル3はバリアしている式神に攻撃バフがつく。そのため、彼岸花のパッシブによるダメージにも当然乗っかる。
これは他のバリア系式神ではできない強みであるといえる。

一目連の効果抵抗バフ

彼岸花は凍結やスタンは喰らっても大丈夫な場面が多いが、パッシブ封印と変幻に関しては喰らうと機能しなくなる。
もちろん、彼岸花の右下を効果抵抗にすればある程度はなんとかなるが、高段位になればなるほど抵抗するのが難しい状況になる。
気休め程度ではあるが、一目連のバリアには効果抵抗バフもつく。これで多少は安全に立ち回ることができる。

ゲージパーティに対抗しやすい

彼岸花は相手の行動前にダメージを与える。さらに、そのダメージには御魂効果が乗るため、破勢でダメージを高めたり、魅妖で混乱させたりもできる。

彼岸花一目連の弱い点

バリア系式神に弱い

とくに、彼岸花がデバフ系のときはそうなんだけど、バリア系式神に非常に弱い。
というのも、御魂でつけたデバフ付与はバリアを貫通できないため。

犬神や反撃パーティに弱い

彼岸花のダメージは攻撃判定なので、犬神のパッシブや狰による反撃を喰らってしまう。
一目連のバリア+彼岸花のバリアがあっても連続で喰らうとゴリゴリHPが減ってく。

般若に非常に弱い

軸となる式神の彼岸花がパッシブ封印に非常に弱い。とくに般若は通常攻撃でもパッシブ封印をしてくる上にターン数も長い。
そのため、他の式神でどうケアしていくかが大事になる。

パーティ相性

あくまで傾向。最終的には御魂次第・立ち回り次第なのは言うまでもなし。

比較的有利な相手
  • ダブルゲージ
  • 睡殺流(夢喰い+白狼パーティ)
  • 雨火流(雨女+鳳凰火)
  • 神楽(妖琴師)+荒川パーティ

相手の行動前にデバフや高ダメージをはさめるのでコンボ系パーティに対しては比較的有利に立ち回れる。

比較的不利な相手
  • 犬神パーティ
  • 湘図+反撃パーティ
  • 小松丸や閻魔など変幻を使うパーティ
  • バリア系と湘図両方を採用しているパーティ
  • 一つ目を採用したパーティ
  • 般若パーティ

彼岸花はパッシブを封印されると置物になる。また、彼岸花の行動前ダメージは攻撃判定なので相手の反撃を喰らってしまう。
スタンや凍結にはまだ強いが、変幻をされるとパッシブも働かなくなるためこれも不利となる。

パーティの基本編成

彼岸花、一目連、かぐや姫、ヒーラー、デバッファー(準アタッカー)orデバフ消し
もしくは
彼岸花、一目連、かぐや姫、デバフ消し、デバッファー(準アタッカー)
となる。かぐや姫はほぼ必須だと思ってる。
陰陽師は常にデバフが環境を制するといっても過言ではないため、デバッファー及びデバフ対策の存在は非常に重要。

彼岸花

パーティコンセプトなので当然必須。ただし、デバフにするかアタッカーにするかで御魂は変わる。
魅妖・枕なら右上会心率orHP、左攻撃力orHP、右下効果命中となる。その場合、全てをHPとかにすると火力が無さ過ぎて他の式神への負担が増えるため、HPと攻撃、HPと会心といったようにしてある程度殴れるようにすると動きやすくなる。
破勢・針女なら右上会心率or会心DMG、左攻撃力、右下HPor効果抵抗となる。

一目連

パーティコンセプトなので当然必須。
御魂は右上会心率or会心DMG、左素早さ、右下効果抵抗の地蔵が無難。
攻めの姿勢なら反魂香もあり。

かぐや姫

一目連が毎ターン確実にバリアを張ることを考えるとほぼ必須。
御魂は右上HP、左HP、右下HPor効果抵抗の薙魂が無難。

ヒーラー

最近の高火力式神に一目連だけで凌ぐのはほぼ不可能なレベルなので、ヒーラーも極力欲しい。
その場合、ヒーラー以外の役割を持たない式神よりもデバフ消しも兼ねる蟲師や、アタッカーにもなる花鳥風月がオススメ。
このパーティは長期戦を想定しているため、回復量が下がっていく桃や恵比寿はやや噛み合わない。
とはいえ、相手に薬売りがいた場合は蘇生がいないと厳しいのでヒーラーの選択を最後にして、相手のアタッカーに応じて変えていけるのが理想。

デバフ消し

環境を考慮するとこの枠も欲しい。数珠もしくは蟲師もしくは雨女となる。
数珠の場合は破勢などを持たせて準アタッカーに、蟲師の場合は薙魂にして輝夜を地蔵や反魂香にするか、玉樹あたり。

デバッファー(準アタッカー)

デバフ枠。この枠にはある程度殴れる式神か、苦手な相手に対して有効なデバフを撒ける式神がいい。尚且つ、バリア系式神に苦手な部分を考慮するとデバフが御魂ではなく式神自身についている方がいい。
苦手な式神を広く見るなら御饌津。反撃パーティに対して一番強いデバッファーであるともいえる。ただし運が悪いとほとんど仕事しない。
自分からデバフを撒く場合はライフリンクメタにもなる雪童子がオススメ。般若で封じることもできない分、メタ的な役割も持てる。
彼岸花が魅妖であるなら、シシオも強力。その場合は相手の行動ゲージを下げられる数珠もセットで入れるとスタンを取りやすくなる。
あとは犬神を封じるなら般若。これは言わずもがな。

パーティ例

蟲師を使用したスタンダードなパーティ

彼岸花@魅妖、一目連@地蔵、かぐや姫@玉樹、蟲師@薙魂、雪童子@家鳴
デバフ消しとヒーラーを兼ねた蟲師と、デバッファーとアタッカーを兼ねた雪童子を採用したスタンダードなパーティ。
彼岸花を魅妖で採用しつつ、雪童子を家鳴にすることで彼岸花通常攻撃→雪童子スキルの流れもすることができる。
相手に般若がいる場合は彼岸花は通常攻撃を基本として立ち回り。雪童子で処理ができたら結界を重ねていく。
相手に犬神がいる場合は犬神の御魂を見つつ、骰子以外なら雪童子で狙って凍結させていこう。

シシオを使用したコンボパーティ

彼岸花@魅妖、一目連@地蔵、かぐや姫@薙魂、シシオ@輪入、蟲師@薙魂
シシオは相手の効果抵抗を下げることができるので、シシオで効果抵抗下げ→彼岸花で混乱を狙う。
こちらもデバフ解除兼ヒーラーには蟲師を採用。
数珠を採用する場合は蟲師の枠を数珠にして、いっそ一目連の枠を湘図、かぐやの枠を鎌鼬にした方がいい気がする。

アタッカー彼岸花を使用したスタンダードなパーティ

彼岸花@破勢or針女、一目連@地蔵、かぐや姫@玉樹、数珠@魅妖、花鳥風月@針女
彼岸花をアタッカーとして運用する場合。準アタッカーとして花鳥を置いている。
デバフ解除を優先するなら数珠を破勢、彼岸花を針女にして、花鳥を蟲師にしてもいい。

協同闘技で使用するなら

まず、協同闘技は「全体攻撃」「全体デバフ」「反撃」「ゲージ上昇」「ライフリンク」「般若」「地蔵」「反魂香」「玉樹」が強いとされる。
協同闘技は行動指定ができないため、自動にしても強力な動きが強い。つまるところライフリンクや全体に影響を及ぼす攻撃・バフ・デバフが強い。そしてそれにともなって地蔵・反魂香・玉樹は強力な御魂となる。
また、第2スキル第3スキル両方がある式神は基本的に微妙。例えば御饌津は結界を張ってほしい時に第3の方を打ってしまう。
なので、パッシブ+スキル1つで戦う式神が強く、そしてそれらに強い般若は環境トップのデバッファーとなる。

魅妖彼岸花の基本編成

彼岸花@魅妖、一目連@地蔵、かぐや姫@玉樹、蟲師@薙魂、数珠@破勢、花鳥風月@針女
般若を中心としたデバフ対策に蟲師と数珠を採用し、デバフを解除していくことを狙ったスタンダードなパーティ。

切り替えについて
「相手に酒呑や荒川や妖刀といった高火力単体アタッカーがいる!」
→一目連を抜いて湘図。
「相手に一目連がいる!」
→彼岸花を抜いて反撃山風・酒呑あたり。一目連を抜いて湘図。
「相手が般若を入れない反撃パーティだ!」
→数珠を抜いて雪童子。
「相手に犬神がいる!」
→数珠を抜いて般若。

破勢彼岸花の基本編成

彼岸花@破勢、一目連@地蔵、かぐや姫@玉樹、蟲師@薙魂、数珠@破勢、般若@魅妖
般若を使った彼岸花一目連。
メインアタッカーが彼岸花になるため、蟲師と数珠を使ってしっかりデバフを解除していこう。

切り替えについて
「相手に酒呑や荒川や妖刀といった高火力単体アタッカーがいる!」
→一目連を抜いて湘図。
「相手が般若を入れない反撃パーティだ!」
→数珠を抜いて雪童子。
「相手に全体アタッカーが2体いる!」
→数珠を抜いて花鳥。

ではでは~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。名前及びコメントは必須項目、メールアドレス及びサイトURLは任意です。