さくらインターネットでデータベースの接続パスワードを変更したらwordpressのページがエラーになった時の対処法

どうも、レーウィンです。
今回はさくらインターネットで接続パスワードを変更するときの注意点を書きますね(他のレンタルサーバーでも同じことだけど)

Error establishing a database connection が表示されてしまった時

おそらくですけど、この問題で悩んでいる方はデータベースを手動でバックアップしようとした人なんじゃないかと思ってます。
そうじゃないとパスワード変更することほとんどないですし。

先に対処法について

2つ方法があります。

パスワードを元に戻す

前のパスワードがわかっている場合はコントロールパネルにアクセスして「データベースの設定 > データベース 一覧 > 接続パスワード変更」で前のパスワードを入力して元に戻してください。
前のパスワードがわからない場合はコントロールパネルのファイルマネージャーでwordpressのディレクトリに接続。wp-config.phpを探してください。基本的にwp-includeやwp-contentやwp-admin等のディレクトリがある階層と同じ階層にあるはずです。
wp-config.phpをダブルクリックすると左下にプレビューが表示されます。そこにペンのマークがあるのでクリック。そこに

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'aaaaa');

があるはずです。この例だと「aaaaa」に書いてあるものが前のパスワードになります。そのパスワードをコピーしましょう。
あとはコントロールパネルにアクセスして「データベースの設定 > データベース 一覧 > 接続パスワード変更」で前のパスワードを入力して元に戻せば大丈夫です。

wp-configのパスワードの値を新しいパスワードに変える

先ほどの

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'aaaaa');

の「aaaaa」の箇所を新しいパスワードに変えれば大丈夫です。ただ、どちらかというと元に戻す方を推奨します。

原因について

あとは興味のある人だけ見てください。雑な解説になります。

wordpressの「投稿」や「固定ページ」にある情報、プラグインの情報などは全てデータベースにあります。FTPでアクセスできるサーバー内に投稿等で書いたテキスト情報はないのがわかります。
つまりwordpressとデータベースは1つのセットであり、wordpressはデータベースに「データ頂戴!」、データベースはwordpressに「データ送るで!」となっているわけですね。
とはいえど、データベースも誰にでもデータ送るわけではありません。そしたらハッキングし放題ですからね。なので、データベースは「パスワード知ってる人にだけデータ送るで!」となるわけです。
そのため、wordpressは「パスワード知ってるからデータ頂戴!」と要求することになります。
しかし、データベースがパスワードを更新してしまうとwordpressが「パスワード知ってるからデータ頂戴!」と要求しても「パスワード違うからデータ送らないで!」となってしまうわけですね。
なので解決法は「wordpressが送信するパスワードをデータベースに一致させる」もしくは「データベースが要求しているパスワードにwordpressを一致させる」となります。

短くなりましたが今回はここまで。
ではでは~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。名前及びコメントは必須項目、メールアドレス及びサイトURLは任意です。