自分が触ってみたECカートASP比較

どうも、Webデザイナーのレーウィンです。
今回はECカートASPについて、どこにも忖度せずに書いていきます。

では早速ですが1つずつ。
厳密には属性が分かれてたりするけど、そこまでの量じゃないからごちゃまぜ。もんじゃスタイル。

BASE

https://thebase.in/
無料でショップ開設を売りにしている。実際デフォルトだと月額はかからない。ただ、BASEのロゴがついてくる。外すには月額500円かかる。
また、手数料が約3%発生する。ものによっては結構痛い部分なので、ここも計算した粗利を見て他と検討してみるといい。
機能としては最低限。
デザインはテンプレートを選んでそれをカスタマイズする形。自由度は低めだが、シンプル・スタイリッシュでおしゃれに作れるテンプレート。ごちゃごちゃデザインは逆にあまりできない。
決済方法は無料としてみたらかなりある。ただ、代金引換がないのは特定の年齢層をターゲットにしてるなら気になるかもしれない。
扱いも簡単だからとりあえず自社EC持ってみようって人にはオススメ。とくに個人商店では◎。

STORES

https://stores.jp/
無料、もしくは月額1,980円。手数料が無料だと5%で、有料だと3.6%。
5%は地味に効いてくるから、とりあえずの入口としては良いけど、ある程度売れてきたら切り替えた方がいい。
昔はBASEと比べて雑魚だったけど最近はすっごい改善された。すっごい。
決済方法はかなり充実している。Amazon Payもある。これはマジですごいと思う。
定期販売ができるのは地味にBASEとの違いだと思う。
総合的な機能ではBASEより上かな、という感じだが、手数料がこっちのが高いからどっちが良いかは使う機能次第かもしれない。でも悩むんならこっちがいいかも。

カラーミーショップ

https://shop-pro.jp/
月額3,000円。安い。販売手数料がかからないのは結構大きい。
機能がそこまで多くない分、見やすくて操作もしやすい。
そこまで多くはないとはいえ、ある程度欲しい機能は揃っている。
入口としてはオススメ。
デザインの自由度に関してはゴm・・・いまいち。ここは安さ故に諦めるしかない。
コスパはかなり良い方だと思う。

Shopify

https://www.shopify.jp/
月額29ドル(大体3,500円くらい)もしくは79ドル(大体8,500円くらい)。29ドルのアカウント数がしょぼいからこんな書き方にした。
デザインの自由度が高く、一番安いベーシックプランでもカスタマイズ性が広い。
管理画面については結構整理されている方。触ってる感じはwordpressに近いかもしれない。
ただ、サポートが弱い。もともとが海外のサービスだからある程度は仕方ないとはいえ、ちょっとこの欠点は無視できない。全体的に少し不親切。
なんていうか、初めてASPに手を出す人が使うツールではないと思ってる。他を使ったことがある人が使うとコスパいいと思う。

MakeShop

https://www.makeshop.jp/
月額費用10,000円。やや高い。
必要な機能は全て揃ってる。勿論デザインだったり入力画面だったりで制約はあるにしろ、それでも自由度は広い方。
管理画面も以前よりは多少見やすくなった。まだメニュー開いた先は古いんだけど、これも直してくれると助かる。
マジで色んな機能が多すぎるから、ネットショップを本気でやるってなったらオススメかもしれない。
ただ、機能が多すぎるくらいあるから最初マジで迷う。メインメニューが10個あって、その中にさらにメニューが6個くらいあって、さらにそれも10個に分かれててって、やばい(語彙力)。
デザイン実装についても、機能が多くて「このデザイン変更するのどこだっけ・・・」ってなる。担当者変わると大変そう。
例えば、別の会社の商品を取り扱うネットショップなら商品数ころころ変わったり、ブランドによってデザイン多少変えたくなるから、そういうのには良い。
ただ、自社商品10個とかそういうレベルだったら超オーバースペックだとは思う。
決済方法にLINEペイがあったりとかするのは最近のものを取り入れる姿勢が見えていいと思う。

ショップサーブ

https://sps.estore.jp/
月額費用11,400円。少し高い。
かなり機能はそろっている。ワードプレス機能があるのが面白い。
デザインの自由度は高め。
機能の量が多いのに割と整理されてはいるが、デザインをいじる場合は「ページ編集」と「デザイン設定」があってややこしさもある。
決済方法の設定が少し面白くて「Yahoo!ウォレット決済」とか「ビットコイン決済」とかある。その分LINEペイとかはない。古よりある決済方法であれば大体対応してる。
クーポン機能が結構細かく決められるのは◎。
ただ、Makeshop同様少し持て余すくらい機能がある気もする。

futureshop

https://www.future-shop.jp/
月額費用22,000円。高い。
こちらも必要な機能は一通りある。ワードプレス機能があるのが面白い。
管理画面もデザインは少し古っぽいが、操作はかなりしやすく、整理されている。
機能は複雑なことはちょっと出来ないが、その分見やすさを意識してるんだろうなって感じがする。
昔はスマホ対応がゴm・・・あまりよくなかったけど、commerce creator実装してればまあまあ良い感じになるようになった。
欠点としては解析機能がないから、GAやらを入れるのが前提。
個人的にクーポン機能が結構細かく設定できるのが◎。

たまごリピート

http://tamago.temonalab.com/
月額費用49,800円。たっっっっっっっかい。
基本機能は一通り揃ってる。Makeshopと同じくらいの自由度。
管理画面はださい。整理されてるけど、絶妙にださい。
ステップメール機能があるから、定期購入とかリピート買いを促すのはできる。たまご「リピート」だからね。
単品買いする商品というよりは繰り返し買う商品があるならいいかも。
クーポン機能がしょぼい。
ぶっちゃけ高いから単価が高くて定期購入をさせる商品を扱ってない限りはオススメしない。

サブスクストア

https://subscription-store.com/
月額費用49,800円。たっっっっっっっかい。
たまごリピートと同じ会社。
管理画面はかなりキレイ。所謂マテリアルデザイン。多分一番キレイ。
機能としてはたまごリピートから色々な機能を削ったり整理したりしてわかりやすくした感じ。
ただ、正直色んな部分で改善の余地有りな項目が多くて「これβ版か?」って思うことが結構ある。発送に関することとか・・・。
他のASPだと当たり前だよねってことが無かったりとか。
あと、画面遷移の速度とか、色んな部分から推測するに、これVue.js使って作ったSPA(シングルページアプリケーション)なんだと思う。
画面遷移の速さはマジで随一。ここに関しては本気で評価する。
一方、広告とかの貼り付けタグにちょっと一工夫が必要になったりすることがあると思う。
あとあと、LPに直接貼るフォームを出力できる。これは面白い機能。ちょっと出力結果で微妙な部分はあるけど、cssで調整したり、仕組みを理解すると使える機能。
メリットもある反面、デメリットも多くあって、すごく惜しい。まあ、出てからそんなに時間たってないから、これからに期待。

最後に

ネットで売るのはこれ以外にも楽天やAmazonを使うという手があります。会社のECサイトを、というよりはまずはこれらモールを使ってみるというのもいいと思います。
また、一度決めたASPから別のASPに乗り換える際には結構な労力がかかります。そういったものを踏まえて、商品がどういったものなのかを見て、どれが良いのかしっかり選ぶことが大事です!
ではでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。名前及びコメントは必須項目、メールアドレス及びサイトURLは任意です。