客先常駐についていろいろ

a0002_011891_m
自分にとってタイムリーなこと。
今、私はWebデザイナーとして客先常駐と呼ばれる働き方をしています。これについて、デザイナーの目線からいろいろ考えてることを書いていきます。

そもそも客先常駐って何よ?

客先常駐とは、会社Aの正社員でありながらも、実際勤務する場所は会社Bとか会社Cとかの他社になるというもの。
まあ、言ってしまえば派遣とそこまで大差はありません。まず派遣と何が違うのかというとこんな感じ。

  • 毎月決まった給与が振り込まれる
  • 保険とか年金とかやってくれる
  • 何か定期的に集まりがある(※会社による)
  • 社員にとってメリット・デメリットのあるサービスがある(※会社による)
  • 引き抜きとか客先の社員に誘われることがあまりない
  • 基本的に週5日勤務

こんな感じ。それ以外は派遣とほとんど変わらない気がする。一言でいうなら、「保障されてる派遣」ですね。

客先常駐のメリット・デメリットは何?

まずメリットについて

1.比較的未経験でもなんとかなりやすい

これはメリットとしては一番大きい気がする。実際、私は実務未経験でやれてるし。
なんだかんだIT業界とかデザイナーって実務経験求められることが多いんですよね。実際、未経験で仕事を探すの苦労します。
でも、客先常駐の会社に入れば、営業が面談の日程とか仕事内容とか持ってきてくれるんですよね。
しかも、なかなか客先が見つからなくても給与は振り込まれるし。未経験から業界に入る手段としては楽なんじゃないかな、と。
客先常駐の会社に入ること自体は難しくないですし。

2.いろんな会社を体験できる(※)

内容にもよりますけど、基本的に常駐は1年未満な気がします。一応これはメリットなんじゃないかなと。
いろんな会社に行けるわけですから、広い知識を身に着けられます。最終的には本人のモチベーション次第なところもありますけど。
(※最終的には案件次第)

3.残業が少ない

これも最終的には内容によりますけど、基本的に残業は毎日1~2時間程度です。正直、この業界では少ない方です。
これには理由があって、客先常駐って基本的に時間単位で支払われるんですよね。だから、客先常駐の人にはあまり残業させないで、正社員に残業させます。
というか、毎日終電みたいなところには流石に営業の人も送り込まないと思います。少なくとも、私の会社ではそうです。

4.何かいろいろサービスがある

後で説明しますが、客先常駐のデメリットである「帰属意識が薄い」というものをなんとかしようと、いろいろサービスがある会社があります。例えばドットインストールみたいなやつを会社が費用負担したりとか。
これは会社によるところなので、実際聞いてみないとわかりませんけど。

こんな感じ。では次にデメリット。

1.責任のある仕事が少ない

デメリットとして一番大きいのはこれ。とにかく雑用・ルーチンワークのようなことが多いです。責任のない仕事ばかりになるわけですから、「スキルを活かしにくい」「成長しにくい」と感じるかもしれません。

2.やりたい仕事と違うものをする可能性がある

これは客先常駐に限った話じゃないと思いますけど、希望と少し違うことを仕事としてすることになることが多いです。
もちろん、営業がある程度は配慮してくれますけど、客先の都合もあるので、なんとも。

3.客先の社員とは待遇が違う

当たり前ですけど、待遇が違います。会議に入れない、サービスを受けられない等。これ、ストレスに感じる人は結構ストレスらしいです。
私はあまり経験がないですけど、、、感じてないだけ?

こんな感じですね。

結論

未経験から業界に入る手段としては楽。経験が比較的積めてきたら制作会社とかに行った方がいい。

なんか身バレしたらクビまでありそうな結論書きましたけど、こんな感じがします。
少なくとも、フリーで稼げるような力だったり、大手に入れる力が身に着けられるかというと「難しい」。
でも、待遇は思ったより良いし、プライベートも充実してます。ぬるま湯な感じしますけど、いきなり熱湯に入るよりは精神的に楽じゃないかなー、と。それを甘えととるかは人次第ですね。

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。名前及びコメントは必須項目、メールアドレス及びサイトURLは任意です。